別段旅が好きなわけじゃないひとの旅行記

好きなわけではないんだけど誘われると行ってしまう

ニュージーランド・テカポ湖周辺へ行ってきました。その1

4/26から4/30の5日間でニュージーランドのテカポ湖周辺に行ってきました。その時の覚書です。

 

テカポの町の位置と行き方

ニュージーランドは北と南の2つの島からなり、テカポ(Tekapo)は南の島のちょうど真ん中くらいにあります。クライストチャーチ国際空港から陸路で3時間~4時間ほど。

定期バスも出ていて便利そうです。

「世界一の星空」テカポ湖へ格安かつ快適に移動する方法! - NZ MoyaSystem

今回はレンタカーを借りました。道路は平坦で舗装されていて、道の両側には広大な牧場風景が広がります。日本と同じ右ハンドル左車線で、ナビは終始「50キロ先、右折です」(=50キロまっすぐ)といった具合なのでかなり運転はしやすいです。

クライストチャーチを出ると町は50キロごとにぽつぽつとあるだけなので、もしトイレや買い物などしたければ早めに済ませておくのが吉。 

f:id:calico_cat:20170502165430j:plain時々牛や羊がいます。

 

テカポの町

テカポの町はテカポ湖の湖畔にあるとても小さな町です。のどかな牧場風景から少し山がちになってくるとテカポ湖が見えてきて、橋を渡ると街中へ。あまり天気の良い日ではなかったのですが移動の疲れもあってか(^^;)、テカポ湖に感動。本当に蒼い!「善き羊飼いの教会」も見える!

テカポ湖から500メートルほどのところにお店が並んでいる区画があります。そこには町にひとつしかない(!)というスーパーマーケット、ガソリンスタンド、郵便局も兼ねている土産物屋、数件のレストラン、観光ツアー会社の事務所が並んでいます。その区画の周りにはホテルや別荘が並んでいます。街中から見えるマウントジョンという山の上に観測所があるだけあって、観測を邪魔しないよう、夜は町中の明かりは控えめ。

よく言えば湖畔の別荘地、悪く言えばド田舎なので、遊ぶといえばアウトドアアクティビティ。主には星空観賞、マウントクックでトレッキング、露天風呂(街中にお風呂があります)、ドライブ、牧場で動物たちと触れ合う、ヘリコプターで周遊、といった感じでしょうか。地元の人たちの間ではキャンプや釣りが盛んらしいです。道中、キャンピングカーをたくさん見たので、キャンピングカーを借りて町々を移動して旅をする!なんて一味違った旅になりそうで憧れます。やったらやったで運転しんどそうですけどね…。

f:id:calico_cat:20170502175756j:plain 朝日に照らされる善き羊飼いの教会とテカポ湖

 

ホテル:ペッパーズブルーウォーターリゾートに宿泊

ホテルのサイト:Lake Tekapo Accommodation | Peppers Bluewater Resort 

敷地の中に10以上の棟が建っていて、受付でチェックインした時に部屋のある棟の場所を教えてもらえます。一つの棟にはメゾネットタイプの部屋が4部屋くらい?入っています。部屋のレイアウトはいろいろバージョンがあるみたいですが、私が泊まった部屋は一階にバストイレ、それを挟んだ両側にベッドルームがあり、二階に対面式キッチンとリビングルームがあるタイプでした(他の棟では一階にキッチンとリビング、2階がベッドルームになっているところも)。リビングの窓がとても大きくて、丘の傾斜を利用してどのお部屋からもテカポ湖が見える配置にしているようでした。

リビングにはテーブルとソファ3台、4人掛けダイニングテーブル、テレビ。泊まった人数(二人)よりソファも椅子も多い(笑)

バスタブもあり、シャワーの水流問題なし、シャンプー、コンディショナー、ボディソープなど一通りのアメニティが揃っていて、リネンは清潔で文句なしです。

1日目も2日目も夜ご飯はホテルの受付隣りにあるレストランで済ませました。一皿一皿がお洒落でおいしかったです。特にお肉料理(ラム肉、鹿肉、豚肉)が柔らかくて大きくておいしいです。

かなり広いお部屋でキッチンの設備も立派、家族連れ&長期間泊まっている人が多そうなこともあって、夜になると料理をしている人たちが多かったです。(皆さんカーテンを閉めていないので丸見え…)街中にはスーパーが一軒しかありませんが、そこそこ物資はそろっていたので何か料理してみたかったです。

ホテルの敷地内でWIFIは飛んでいます。一日一デバイスごとに256MB無料で使えます。それ以上は課金すれば使えるようです。

  

お土産

困ったのが何をお土産にすればいいのかということ…。特産は羊毛製品ですが、セーターや手袋など割とお高め。季節も逆なのでこれから夏になろうという日本に持って帰るのも微妙かと…(=_=;)

キィウィの人形やポストカード、Tシャツ、マグネットもおいてありますが、他に比較的安価かつ無難なものはマヌカハニーという蜂蜜を使ったお菓子や化粧品などが良さそうだと思いました。飴やキャラメル、クッキーなどのほかにハンドクリームや石鹸などの化粧品が大抵の土産物屋に置いてあります。スーパーマーケットやコンビニで売っているニュージーランドで作られているお菓子も、外国のお菓子にありがちなとんでもない味付けのものはなさそうで、良さそうでした。

クライストチャーチ空港の二階にたくさんお土産物屋があります。上記に書いたものはほぼ手に入りますし、おしゃれな雑貨も置いてありました。テカポ市内にはあまり土産物屋がなく(スーパーマーケットと同じ区画にある一軒だけ?)、クライストチャーチ市内を観光する時間が十分になかったのでとても助かりました。朝6時発のフライトでしたが、少なくとも朝5時前の時点でお店が開いていたので朝早くてもお買い物できて便利です。

オークランド空港は乗り継ぎで立ち寄ったものの、時間がなかったので店は見られませんでした。大きな空港だったので土産物屋はあるはず。

 

その他

  • 言語…英語。
  • お金と物価…ニュージーランドドル。1ドル88円くらい。物価は東京都内と同じくらいか、ちょっとお高めで観光地値段。
  • 時差…日本と比べてマイナス3時間。時差ぼけがないのが良い。
  • マクドナルド…日本と違うメニューでご当地ものっぽいラインナップが!旅の同行者が食べていたキノコバーガーおいしそうでした。私の食べたクラブハウスバーガーもトマトが新鮮で大きくパテがジューシーでしっかり焼かれていておいしかったです。バーガー自体の大きさも一回り大きく感じました。
  • レンタカーを借りる…日本と同じ右ハンドル左車線の上、田舎道で土日でも車どおりは少ないのでかなり運転しやすいと思います。クライストチャーチ空港内にいくつかのレンタカー会社のカウンターがあってそこからも借りられます。今回は空港外の会社で送迎してくれるところで借りました。空港のインフォメーションカウンターでお願いしたら送迎依頼の電話をしてもらえたので簡単です。